日月潭文武廟

台灣南投縣魚池鄉中正路63號

Sunday, Feb 18th

Last update:06:22:12 PM GMT

You are here:

日月潭文武廟のご案

第九十籤 楊文広、柳州にて捕わる(壬癸、中平)

崆峒城裏事如麻(崆峒の城の裏にて麻の如く紛糾す。)

無事如君有幾家(君が如く無事なるは、幾家有るや。)

勸汝不須勤致禱(汝に勧む、祈祷を過ぎるなかれ。)

徒勞生事苦咨嘆(否なれば、徒労に終わり、嘆き悲しまん。)

閱讀全文...

第八十九籤 班超、玉門関に帰る(壬壬、中平)

樽前無事且高歌(酒樽を前にし、事無くば高らかに歌うべし。)

時未來時奈若何(時、未だ来たらざれば、如何ともしがたし。)

白馬渡江嘶日暮(白馬、江を渡りて、日暮れんとすること嘶く。)

虎頭城裏看巍峨(虎頭城の内にて、汝の高く聳えるを見る。)

閱讀全文...

第八十八籤 高文定、貧しさに耐える(壬辛、上吉)

從前作事總徒勞(以前の努力は徒労に終われど、)

纔見新春時漸遭(新春に至って漸く運巡り来たる。)

百計營求都得意(やることなすこと、思うがままなれど、)

更須守己莫心高(身の程を知り、驕るなかれ。)

閱讀全文...

第八十七籤 武侯、子敬と同舟す(壬庚、下吉)

陰裏詳看怪爾曹(暗に汝らを陥れんかと疑えば、)

舟中敵圖笑中刀(舟中の敵、笑いの中に刀を忍ばす。)

藩籬剖破渾無事(心を開いて語れば、事なきを得る。)

一種天生惜羽毛(わずかな羽毛を惜しむがごとき備わりなり。)

閱讀全文...

第八十六籤 管仲と鮑叔、商いを行う(壬己、上上)

一舟行貨好招邀(船一艘の荷物に、多くの客集まり、)

積少成多自富饒(少を積みて多と成し、自ずと富める。)

常把他人比自己(常に他人と自分を比べ、)

管須日後勝今朝(かならず、この後、今よりも勝らんことを誓え。)

閱讀全文...

第 3 頁, 共 21 頁