日月潭文武廟

台灣南投縣魚池鄉中正路63號

Sunday, Feb 18th

Last update:06:22:12 PM GMT

You are here:

日月潭文武廟のご案

第八十五籤 孟姜女、夫を尋ぬ(壬戊、中平)

一春風雨正瀟瀟 (春の雨が瀟瀟と降り道がぬかるみ、)

千里行人去路遙(千里を行く人の道は遥か遠い。)

移寡就多君得計 (少を厭い多を求め、君は謀を巡らすと雖も、)

如何歸路轉無聊(いかんせん帰路はうたた望みなきなり。)

閱讀全文...

第八十四籤 須賈、范睢を害す(壬丁、中平)

箇中事緒更粉然(この中の問題の事情は紛然とせば、)

當局須知一著先(当局は須らく目星をつけるべし。)

長舌婦人休酷聽(饒舌なるものの言葉に、耳を貸すべからず、)

力行禮義要心堅(努めて礼儀を行い、心を堅くもて。)

閱讀全文...

第八十三籤 諸葛孔明、道を学ぶ(壬丙、下平)

隨分堂前赴粥饘(自分の分に随い、生活を賄うべし。)

何須妄想苦憂煎(何すれぞ、わざわざ苦痛を選ぶを須いるや。)

主張門戶誠難事(一人立ちするは、誠に難事なり。)

百歲安閒得幾年(百歳の人生、幾年、安穏たるや)

閱讀全文...

第八十二籤 宋の仁宗、母を認める(壬乙、上吉)

彼亦儔中一輩賢(彼もまた兄弟の家の賢者なり。)

勸君特達與周旋(君に勧む、心してことに取り掛かれ。)

此時賓主歡相會(この時、賓客、主人、歓談せど、)

他日王侯卻並肩(他日、君は王侯と君と肩を並べん。)

閱讀全文...

第八十一籤 寇公、雷陽に任ぜらる(壬甲、中平)

假君財物自當還(君に貸した財物は、当然君に返すべし)

謀賴心欺他自奸(良心に頼って君を欺くは、自らを貶めるなり。)

幸有高臺明月鏡(幸いに、高台に名月鏡あり。)

請來對照破機關(乞い来て、悪行を暴くべし。)

閱讀全文...

第 4 頁, 共 21 頁